葬儀の後にするべきこと

故人の遺品整理も、葬儀後、だれかがしなければならないことです。
人が亡くなって、葬儀の後、ひとり暮らしだった故人が住んでいた家の中をいつまでもそのままにしておくわけにはいきません。ましてや賃貸住宅に住んでいたのなら、早急に片付けないと、その間、家賃がどんどん加算されてしまいます。
洋服や日用品など、金銭的にほとんど価値のない遺品は相続財産ではありません。故人の下着や普段着はゴミとして処分するしかありませんし、食器や家具、電化製品はリサイクルできたとしても、わずかな金額にしかなりません。


高齢者の核家族化が進み、遺品整理の問題に直面する遺族は増えています。
親族が遠くに離れて暮らしていたら、片付けだけのために故人の自宅へ何度も通ったり、長期に滞在したりするのは困難です。遺品整理や家の片づけは時間的にも遺族の負担が大きい場合が多いのです。
こうした、家族だけでは遺品整理が出来ないというニーズに応えて、「遺品整理会社」が誕生しています。最近では、自ら遺品整理業者に見積もりを依頼する単身高齢者が増えています。どんな人も、遺品を一切残さずに死ぬことは不可能ですが、いかに、ごみとして処分される遺品を減らすかを考えることも、自分の死を考える大切な作業なのです。

コメントは受け付けていません。