香典返しの準備

葬儀で香典をいただけば、お返しを用意するのは、古今東西問わず日本の慣習の代表的なことと言えます。しかし、
香典に対するお返しの方法は、地域によって様々ですから、こればかりは自分の主義主張を通すというわけにはいかず、そこの習慣に従うのが賢明な処世術と言えそうです。


東京を中心とした都心部では、お通夜でも告別式でも、あらかじめ香典返しの準備の必要はありません。原則として、いただいた香典の半返しをするのが一般的となっているからです。その代り、金額に応じてお返しのお品を四十九日法要を目安にして準備する必要が出てきます。一万円とか五千円の香典に対しては、生活用品とか、賞味期間が長い食品とかを用意すればよく、その他はギフトで品物を選んでいただくようにするとかで事足ります。
逆に、地方のしきたりによっては、金額の如何にかかわらず、のりやお酒などの詰め合わせセットをお返しとして用意するところも少なくありません。そうなると、あらかじめ個数の準備が大切ということになります。また、お通夜・告別式に弔問できないで、日を改めてお線香を上げたいというような人も訪れてくださる方もいますので、その分も用意する必要があります。
でも、最近は葬儀屋さんで、会葬お礼の挨拶状だけ差し替えて対応できるようになっていますので、個数見込みで悩まされることもなくなっています。
こうしたことさえ承知していれば、慌てての準備ということは必要がなくなっています。

コメントは受け付けていません。